「ハートに火をつけて/バックトラック」ジョディ・フォスターのgarterbelt


「Catch Fire / Back Track」 Jodie Foster













★Description
デニス・ホッパーとジョディ・フォスターが共演したロードムービー。編集を巡って対立したことから、匿名の「アラン・スミシー」名義「ハートに火をつけて」と、デニス・ホッパー監督版「バックトラック」のふたつのバージョンがある

★Story
マフィアの殺人事件の目撃者アン(ジョディ・フォスター)を消すために差し向けられた殺し屋マイロ(デニス・ホッパー)は、ターゲットであるアンの黒い下着姿の写真を見てからアンに夢中。マイロに捕まってしまったアンは求愛されながら一緒に逃げることになる。最初は拒絶するアンも次第にマイロの真剣な態度(?)に心を動かされ・・・

★Garter Point
まずマイロはアンのガーターベルトのスナップ姿に心を奪われる。逃避行中、ふたりの心が通じ合うようになり、マイロが黒いガーターや黒いハイヒールを持参して「これをつけて欲しい!」と小犬のような顔で切なく懇願し、あきれた(納得した)アンがマイロに見せ付けるようにガーターベルトを装着していく。最後に太ももを揺らせながら「パチン!」とガーターを留める演出も

「ハートに火をつけて」ではアンがガーターの留め金を止めたカットでシーンが入れ替わるが、「バックトラック」ではそのあと、我慢できずにマイロがアンに抱きつき、アンが笑顔でマイロを受け止めるところまで映像化。これこそがデニス・ホッパーのこだわり? 数あるガーターベルト映画の中でも最高屈指の名場面

★Date
製作年:1989年(アメリカ) 監督:アラン・スミシー/デニス・ホッパー
posted by 湯桜 | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。